<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

元気な証拠

これはフレのどういう状況か分かりますか??
c0105669_811373.jpg

去年の1月、フレ12.5歳。それでも、毎年のように発情期が来ていた。はじめて犬のそういう時期を目にしたときは「狂った?」かと思った。フランス人のおばさまに、その様子を話してみると「人間と一緒だから心配ない!年なんて関係ないんだよ~。悪い事じゃないんだから、止めたらだめだよ!!」と教えてくれた。へーーそうなんだ。元気な証拠だったんだね。
c0105669_816223.jpg

タオルにしがみつく、タオルに戯れる・・・。タオルに夢中になったら、私が外出しても知らん顔!! 飼い主<タオル になるのだ。いつもは性別を忘れる我が愛犬フレじいであるが、一年に一度は「オス」であることを主張する!
そういえばフランスにいた頃、軟派してくるのは決まって「じいさん」だった。じいさんなので、日曜日の早朝なんかに「ヘイ お嬢さん 今からカフェへコーヒーでもどうだい?」てな感じ。しかも、マルシェ帰りで手には「今日のお野菜」なんてぶら下がっているから、色気もあったもんじゃない。とにかく「老人力」が凄い!!生きている限り楽しまねば損!損!損!!そーーんなパワーが人間だけではなく、犬にもあるなんて!!
何かで読んだけど、日本のご長寿の方々に「何歳が一番楽しかったか?」というアンケートを取ったところ、なんと「70歳からが一番楽しい」という回答が圧倒的に多かったらしい。
フレじい13,5歳、人間なら80歳。今が人生まっサカリ??さて今年はどうかな??
c0105669_8455832.jpg

 ( これは タオルに夢中!タイムから フト我に返ったところ )
[PR]
by megumillier | 2007-01-30 08:49 | フレじい

フレじいの、犬はつらいよ

ドイツに1年暮らしても、さっぱりドイツ語が分からないので不便なことも多い。英語やフランス語の単語と似ている場合もよくあるが、そのどちらからもかけ離れている単語、たとえばこの「hunde」これは「犬」。
c0105669_0125043.jpg


スーパーの入り口にある「犬をつないで置く場所」である。フレは人面犬だけど、スーパーへは入れない。フレだけではなく如何なる犬も!
フレはこの場所5m前方から動かなくなってしまう。「イヤ!」なのだ。私を待っている間ひたすら吠えまくる!そして、心優しいドイツの人たち老若男女から「○×+%÷○」(← ドイツ語 どんな言葉をかけてくれているのか分からないのです)とあやされている。

それでも、家の中での留守番よりは良いでしょう!んんんん・・・・・どうなんだろう??
c0105669_0345032.jpg

[PR]
by megumillier | 2007-01-29 00:46 | フレじい

雪あがり

金曜日の夜、フランクフルトに今年初めての雪が降った。土曜日の朝、フレと散歩に出かけるときはお日様が白い地面をきらきら照らしていた。「犬はよろこび庭かけまわり・・」の歌よろしく、フレはわざわざ雪の上を行く。大きな犬の足跡とは違い、4キロ余りのフレのそれは小さくて薄い。足跡を残しながら、私と歩くフレ。パリで出会ってから3年4ヶ月、こうしてドイツにも、そしてまた再びパリへと、ずっと一緒でありがとうと思う。
c0105669_6425742.jpg

[PR]
by megumillier | 2007-01-28 06:44 | フレじい

近くへ行きたい

このブログのタイトルを見ると、「パリ」にいる人みたいだが、私はまだドイツ・フランクフルトに住んでいる。でも、既にパリへの引越しの日取りも決まり、昨日パリへの電車の切符も買った。
引越し間際で落ち着かない日々だが、それでも1年住んだドイツを、フランクフルトを楽しもうと、バタバタしながらチョロチョロしているのだ。

ドイツの中でどうしても行きたかった所・・ベルリン!!ドイツを良く知る人たち曰く、ベルリンは「おしゃれ!」「都会!」「住んでもいい!!」と、そこへ行った人々はみんな絶賛!!していた。
人の意見に耳を傾けないくせに、人の意見に左右されやすい私は「是非行きたい!街!」としてベルリンを最後のドイツのお楽しみ!に挙げた。そういう気持ちでフト手にした雑誌は「ベルリン特集」をやっていて、その中の写真たちは「ドイツ的おしゃれ満載!」おしゃれなカフェ・センス溢れる雑貨屋さん。街行く人も、ジャーマンポテトには縁がないようなスレンダーな人ばかり!
「うううう・・どうしても行きたい!!絶対行きたい!!!」まんまと雑誌の効果にはまってしまい、私の気持ちはベルリンへと完全に飛んでしまったのだ。

が、遠い!電車で4時間はかかる。これから電車で6時間もかけてパリへ行くのだ。今からフレを疲れさせる訳にはいかない。人間でも4時間電車に乗っていたらかなり疲れるのだから。それに加えて、数日前からのこの寒さ。
「まあ、今行かなくてもベルリンは無くなる訳じゃないし・・・・。」
寒さに負けた・・・、距離にも負けた。

どこへ行こうか?と、思い出したのが「クロンベルグ kronberg 」という、フランクフルトから電車で20分のところにある小さい街。
以前働いていたレストランの男の子が「まだ木組みの古い家が残っていて、可愛いところですよ。結構おすすめ!!穴場です!」と教えてくれていたのだ。
あんなに「都会的な街」に思いを馳せていたのに、すっかり「田舎の木組み」へと気持ちが移ってしまった。

そして、今日行ってきました。「電車を降りたら、そこは昔の家がまだそのまま残っている。電車で20分でこんな素敵なところに来れるなんて!!」と思いながら街をフレとともに散策する自分を想像していた・・・が、駅周辺は「高級別荘地」を思わせる光景で、肝心の「木組み」は忘れかけた頃に登場しただけ。(ちゃんと教えてもらわなかった私が悪い。)

c0105669_610443.jpg

              ( このおじさんは 帽子を被っていました )
でも、ここで面白い発見をしたのだった。それは「可愛い標識」で、普通の味気ない標識ではなく、なんとなく「ほのぼの」してしまう標識。

c0105669_6135548.jpg

c0105669_6142441.jpg

         ( お母さんの髪型とこどもの脚の曲がり具合が可愛い )
これは、この街だけのものではないと思うのだが、こういう可愛らしさを標識に使うドイツって、
なんだかいいな~と思ったの!!
c0105669_6185032.jpg



ブログランキングに参加中、今日もクリックありがとう。にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by megumillier | 2007-01-26 06:19 | ドイツ生活

ハンドパワー

c0105669_046256.jpg


これは、今現在私が暮らすドイツ・フランクフルトの部屋です。ちなみに、2部屋あり、ここはリビングダイニングルーム。

見てお分かりの通り、リビングダイニング、寝室、キッチンにいたるまで何一つ付帯しているものはない!!流し台もないのだ!!(幸いな事に 裸電球 はあった!!)
引っ越して来た当初(2006年2月)は、新しい生活に胸を膨らませ色々と整えた・・・1年でこの地を去ることになるとも知らず。
キッチン流し台、洗濯機、冷蔵庫、調理器付オーブン、ダイニングテーブル、クローゼット。
が、あと2週間で再び、いや三度パリへ戻ろうとしている今、これらは全て「不要の品」となったのだ!!どうする??「売ります」掲示板に載せても、人気の品は限られている。取り外しや配送に手間のかかるものは、いくら安値であっても売れない・・・。困った・・・・・・。なんせ、ゴミ事情の厳しいドイツ!!処分にも高額の費用がかさむのだから。
c0105669_0475163.jpg


 (これはキッチン、本当に何にもないのだ。)
 
今まで仕事が忙しくて、ドイツどころかフランクフルトをも堪能しきれていない私にとって、引越しまでのこの数週間は「ドイツ満喫期間」であったのに、この「家具電化製品を引き取って~」に手間取ってしまい、そんな場合ではないのだ!でも、決まらない。

毎日毎晩引き取り手のない家具に向かって「良い人に引き取ってもらってーー」と念を入れていた!!そして、出来たらなるべく私の手を煩わせないで・・と。(だって、本当に使いやすくてお気に入りだったから。)
もう、ここは天に任せるしかない!!神のみぞ知る、家財の行方である!!!

そして、今朝決まりました~!!
昨日、このアパートを見に来た人が「全て買い取ります!!」と申し出てくれたのである!!!
やったーー恐るべしハンドパワーー  多分。

そんな私のハンドパワー、「もっともーーっと元気になる!」と寝顔に送る。
フレじいにも効くかしら?!
c0105669_623317.jpg



ブログランキングに参加中、今日もクリックありがとう。にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by megumillier | 2007-01-25 05:36 | ドイツ生活

肉に願いを・・・

昨日の記事「フレのちょっと若かった頃」の写真を探していたら、私の「少しだけ若かった頃」の写真も出てきた。やはり私も「本当に少しだけ」若かった。
でも、この一年くらいでぐぐーっと老けた気がする。それは、環境のせいでも、異国の地で働くことのストレスでもなく、「そういう時に差し掛かっている」からであり、誰のせいでもない。
がしかし、仕方ない!!では済ませられない。年を重ねても若く美しい人は沢山いるのだから。
ということで、私が私の肌のため、健康のため、ちょっとアンチエイジングのために願いをかけたもの、それは肉!!

 ① まず、牛すね肉か牛テールを買ってくる。分量は適当。
 ② 鍋に肉を入れて、肉が隠れるくらい水を入れる。
 ③ 始めは強火。灰色のアクが出てくるので、アワアワと出てきたらそのアクを完全に取る。
 ④ 灰色のアクが出てこなくなったら弱火にする。そして、長ネギの青い部分やしょうがなど、好みの香味野菜を加える。ただし、塩コショウはしません。(私は、フレじいにもこのスープを 飲ませているので、香味野菜は入れませんが・・・。)
 ⑤ そして、そのまま最低丸一日火にかける。
   火加減の目安は、鍋の底からフツフツと小さい泡が出るくらいの弱火。 
  
   じっくりゆっくりと火にかけられたお肉からは、たくさんのコラーゲンが溢れ出る!!
   あとはお好みで、味噌仕立て、しょうゆをたらす、マスタードや岩塩でお肉をいただく。

本当に次の日かその次の日にはお肌がツルツルしてきます!!私よりも数歳若い方は、きっとギラギラになる!!ちょっと自信を失いかけたお肌の方は・・毎日飲み続けてね。

さて、フレはこの「お肉」の匂いがキッチンから漂い続ける間、どうしても気になって眠れないらしい。
   c0105669_9251217.jpg


ブログランキングに参加中、今日もクリックありがとう。にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by megumillier | 2007-01-24 09:35

誰にも若い時代はある

2003年の夏、フランスは猛暑で沢山の人が亡くなった。
その暑かった夏がひと段落したころ、パリに住んでいた私の元にフレが来た!!私が4人目の飼い主となるフレは当時10歳になったばかり!!!でも、いまから比べると・・

c0105669_0522294.jpg


ほーら、こんなに若い!!こんなに可愛い!!とっても「おしゃれなパリの犬!!」だったね。
13歳5ヶ月の今でもまだまだかわいいよーーー!フレじいさんっ!!!
[PR]
by megumillier | 2007-01-24 00:59 | フレじい

変身!フレじい

くしゃみ連発のフレ。
ふと振り返ると、そこに白黒の犬。
c0105669_4351912.jpg
    

ちなみに、目の上の白は「地毛」だよ!!
[PR]
by megumillier | 2007-01-23 04:46 | フレじい

フレじい

パリに向けてフレじいがんばってるよ!!
c0105669_871296.jpg

[PR]
by megumillier | 2007-01-22 07:41 | フレじい