<   2007年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

リラックス法はひとそれぞれ

c0105669_385259.jpg

これは、うちのアイロン。「私の」、としないのは、このアパートに初めからあった物であり、大家さんの物だから。全く付属機能が付いていない、シンプルなアイロン。

以前、語学学校へ通っていた時のこと、
先生に「みんなの これに時間を費やしたくないわ! と思う時間てどんな時?」と聞かれ、
私は「アイロンがけ・・」と答えた。
元来横着な私は、アイロン台を出す→アイロンのコードを引っ張り出して、コンセントに入れる→洗濯物を広げる→袖のある物は、どこから始めてどこで終わってよいのか分からなくなる・・・・→重いアイロン台を片付ける→台が足に当たる・・・・・・という全てに対して文句があった。性格が、面倒くさがりに加えて、文句タレなので。

話は変わるが、普通レストランでは、ナプキンを洗濯屋へ出すところも多いが、私が働いていた所はレストランで洗い、従業員がアイロンをかけていた。
仕事の後、四角く白いナプキンを延々と黙々と只管にアイロンをかける私たち。
時には、私が担当する事もあったが、たまにアイロンかけをすると、何故か心が寛ぐ。
ナプキンの皺が、アイロンをスーッと掛けると少し伸びる。また、スーッとアイロンを動かせば、シワはぐぐぐーーっと引き伸ばされ、ツルっとした白い布に生まれ変わる。

気持を落ち着けるために、お花を生けたり、お茶をたてたりする人のように、パリに戻ってからは、「ふと」した時間に台所用布巾や枕カバーを引っ張り出して、この飾り気のないアイロンを右へ左へ走らせている私なのだ。
(ただし、こういう時は必ず適度な大きさで、しかも四角い形であること。袖付きの物は、イライラしてくるから。←私の場合です。)


ブログランキングに参加中、今日もクリックありがとう。にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by megumillier | 2007-07-31 03:36 | パリ生活

ポルトガルは美味しいよ

c0105669_20461031.jpg

日本でエッグタルトなるものが流行っていたことがあったけど、私にはもうその記憶がない。
そのエッグタルトの「もと」になったと言われているのが、この「パスティス・デ・ナタ」(パシュティシュと記されている事もある。)
c0105669_20514748.jpg

これは、今朝マルシェで買ったもの。本場ポルトガルで食べた時は、確かパイ生地の中にカスタードクリームが入っていたと思うのだが、今日の生地は普通のタルト生地。

数年前のポルトガルを思い出しながら、店の列に並んでいたら、前の客が「これどんなあじ?」と、中にエビが入ったフライを指差した。体格の良いお兄さんは、その一つを二つに切って、ひとつは質問したおばさんへ、もう一つを私にくれた。ふふふ、ラッキー!!

さて、フランスにはポルトガル人が非常に多い。この下の階に住むのもポルトガル人一家だし、友達Vの彼氏もポルトガル人で、今まで一緒に働いた中にもポルトガル人が多かった。
ポルトガル人は勤勉で真面目であることから、アパートの管理人として雇われることも多いとか。そして、彼らに共通するのは「みんなちょっと太っている」ことだ。
c0105669_2142694.jpg

こんな感じで・・・。


ブログランキングに参加中、今日もクリックありがとう。にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


ポルトガルには、このほかにも旨いものが沢山ある。
例えばカステラの元祖になったという「パオン・デ・ロー」↓。
c0105669_2162384.jpg

ポルトのポルト酒も有名だし、海に面しているため魚料理も美味しい!!!

ポルトガル旅行後から、私が完全に抜け出せないのが「ヴィーニョ・ヴェルデ Vinho Verde」というポルトガルの北部で作られる白ワイン。
ブドウが完熟する前に収穫されるので、若い・緑のワインという意味なのだが、微炭酸で程よい酸味があり、フレッシュなこのワインは値段も安く、ここパリでも3ユーロから5ユーロで美味しいやつに巡り合える。
(日本でも探したのだが、未だ赤ワインしか売られているのを見たことがありません。)

これからの季節、冷蔵庫にキリッと1本常備させておきたいものだが、生憎のこの寒さでは・・。

リスボンで見つけたこんな扉・・・
[PR]
by megumillier | 2007-07-29 21:25 | 美味しい

イタリアへ行きたい 

c0105669_1955729.jpg

友達のKちゃんと、イタリアへ行ってから、もうどれくらい経っただろう?
初めてのイタリア旅行に高まる気持ちと、イタリア人男性の格好よさにテンションが上がり放しだった、20代の私達。
買い物に明け暮れ、寝言で「Kちゃん、明日は何買う???」と聞いた私に、Kちゃんは「この人、まだ何買うつもりやねん?!」と呆れたらしい。

ところで、以前住んでいたドイツ・フランクフルトには、美味しいイタリアンを食べさせる店が沢山あった。が、パリのイタリアンはいまいち評判が悪いのだ。
この写真の店に入る時も、ちょっと躊躇した。なぜなら、客があまり入っていなかったから。
c0105669_2030472.jpg

オープンしてから、それほど月日が経っていないであろうこの店。従業員たちのドキドキとテンパル姿を見て、ドイツのレストランで働いていた頃をフト思い出したりして。
c0105669_2033495.jpg

さて、この一皿目のサラダ、底には薄いピザ生地が敷かれて、その上にロケットとイタリアン生ハム、モッツアレラチーズが乗せられてる。ロケットがかなり新鮮で、よい香りを放っていたのがさわやかだった。
c0105669_20291538.jpg

これは、ミラノ風カツレツ。サクサクっと歯ごたえがよく、添えられたホウレンソウのサラダに乗っかったドライトマトが美味しい。
このカツレツ、卵に牛乳を加えて混ぜて衣を作ると、甘さが増し、より一層美味しくなるのですが、ご存知でしたか?

ブログランキングに参加中、今日もクリックありがとう。にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

さて、日が落ちた頃の店内は・・・
[PR]
by megumillier | 2007-07-28 20:53 | パリのレストラン

じいさん 興奮する!

c0105669_156063.jpg

フレの新しいベッドを買ってきたのだが、包みを下したとたん、「クン クン クン・・・」と、フレの様子はタダモノではなかった。
c0105669_1575044.jpg

ベッドのビニールをそのままにしてあるのは、歳のせいか尿漏れがあるから。
c0105669_159328.jpg

はじめは、新しい寝床に感動したのかい?と、思ったけど・・・
c0105669_202952.jpg

なんか、ベッドへ向かっていく姿が少し違う・・・
c0105669_212979.jpg

これに、何か憑いているのか??と、私も恐ろしかったし・・・
c0105669_224561.jpg

フレの「野生」姿も怖かった・・・。

でも、なんとか、一番最初の姿に落ち着いた。
いったい、何だったのだろうか?犬の習性に詳しい方、どうかよきアドバイスを!!


ブログランキングに参加中、今日もクリックありがとう。にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

背筋も凍るフレの顔・・・
[PR]
by megumillier | 2007-07-28 02:08 | フレじい

夏はこれ!枝豆・ビール・プロ野球

1986年、兵庫県西宮市にある、県立高校の大学進学率は、目を覆うほどのものだったらしい。
理由は、前年度の「阪神タイガース日本一」大フィーバー。
その年ばかりは、六甲おろしが吹く季節が来ても、西宮はというか関西は「タイガース」熱が冷めなかった。

夏!と言われて何を思う?とアメリカ人の友達に聞かれて「暑い暑いと言いながら冷えたビールを飲み、枝豆をつまみつつプロ野球を観る!!!これがサマーだよーーー!」と答えた私であるが、フランスに来てからというもの、プロ野球には全く関心がなくなってしまった。

現在1位の中日には、たった4,5ゲーム差の阪神タイガース。
あの頃、フィーバーしていた西宮市の高校3年生だった私は、夏が来ると「タイガース」の行方を、受験生のこころを、少し気にしてしまうのである。
c0105669_2564325.jpg

今年3月、久しぶりに訪れた甲子園球場(外からのみ)。この頃は、春の選抜高校野球が行われていました。
右下に小さく写っているのは友人Sちゃんの息子である「はやたくん」。
気が優しくて力持ちな彼は、ホームベースではなく、シュートを決めたいサッカー少年。


ブログランキングに参加中、今日もクリックありがとう。にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by megumillier | 2007-07-27 03:04 | 日本一時帰国

It´s new !

c0105669_18453575.jpg

新しいフレのベッドカバー、しかも「FOULEY」のネーム入り♪


ブログランキングに参加中、今日もクリックありがとう。にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

フレは気に入ってくれるかな?
[PR]
by megumillier | 2007-07-25 18:50 | フレじい

恨めしい・・・・

最近会う友達、ブログを見て連絡をくれる友達が口をそろえて言うこと。
「フレ、若返ったんじゃない?」
c0105669_7132996.jpg

うそー、やっぱり?!そうかな?!嬉しいなあ。
が反面、「え?!私は?!私のことについてのコメントは??!!」
と、内心複雑。我が犬に対して、僅かなる嫉妬心を抱く今日このごろである。
[PR]
by megumillier | 2007-07-25 07:19 | フレじい

お宅拝見の巻

私は、小さい頃「お宅訪問」を密かな楽しみとしていた。

大きな平屋に住んでいたSさんのお家は、トイレが縁側の端に付いてのが魅力的だったし、転校生Wくんちのまあるい窓はキュートな感じがした。
庭に砂場のある家は私を虜にし、部屋の隅に穴があいた床を「ごみ箱」として使っていたKの感覚は衝撃的だった。

大人になっても、その趣味は変わらず、住宅展示場にも意味なくよく通った。
さて、今回お邪魔したのは、こちら・・・・。

c0105669_4195457.jpg

2階へ通じる階段は、天井からの光に溢れている。「この上にはどんな空間が?」とドキドキさせる始まり。
c0105669_421127.jpg

家の至るところには、趣味の良いオブジェが飾られている。
c0105669_4215036.jpg

こんな明かりを取る工夫が、あちこちに凝らされていて素敵。
c0105669_4225519.jpg

洗濯物までもがアートを感じさせる。(ちょっと言いすぎ・・・。)

ところで、ここに住んでるのはだあれ?
[PR]
by megumillier | 2007-07-24 05:01 | 日本一時帰国

ウトウト・・・

c0105669_3455563.jpg

うっ、まぶしい!!!

うちの台所は、部屋の中で一番日当たりがよい。
フレはいつも、私だけを見つめながら「おこぼれ」が出てくるのを待っている。が、なんといっても14歳間近の老犬、眩しさに目を細めていているうち船を漕ぎ出す。かわいいじいさんである。


ブログランキングに参加中、今日もクリックありがとう。にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by megumillier | 2007-07-23 03:51 | フレじい

レモンのちから

c0105669_4222374.jpg

数日間、お日さまに照らされて、すっかり日焼けをしたフレじいである。

昔、保母として働いていた私は、戸外で子どもたちと遊ぶため、春先からすでに真っ黒になっていた。久々に会う友人からは「どこか旅行へ行ったの?」とさえ聞かれる始末。その頃はいつも、「なんで日焼けしてるの?」というおせっかいな質問に、「職業病!」と冷たく言い放っていたっけ。

日焼けにはビタミンC!!若い私は、日々サプリメントからビタミンCを補給したり、レモンを絞って飲んだりもしていた。が、ビタミンCが豊富なのはレモンよりも「赤ピーマン」で、その含有量はビタミンCの2倍もあるらしい。紫外線の害を防ぐカロチノイドが豊富で、抗酸化作用もある!!また、美白には「トマト」が効果的。リコピンが多く含まれ、こちらも抗酸化に効くとか。

隅に追いやられたレモンだが、今日私は小さな喜びをレモンの中から見つけた!
c0105669_4473449.jpg

レモンを二つに切って絞り、ふと切り口を見ると、中に何か緑の物が。何だろう?!
c0105669_449568.jpg

レモンの種が、実の中で酸っぱいレモン汁を栄養にして芽を出していたのだ。凄いちから。
そーっと、芽を出した種を取り出してみると、結構発芽している。この先、大きく育って次なるレモンの実をつけるか?というと、きっと無理だと思うけど、この小さく大きいパワーをしばらく大切にしてやろう。

ビタミンCを多く含む食べ物・・・
[PR]
by megumillier | 2007-07-22 05:08 | 食べ物