カテゴリ:パリ生活( 158 )

しあわせはパリ

c0105669_10551283.jpg



あれから7年が過ぎた。

誰も知る人のいないパリの生活だった。

7年目の私には、

パリで出会った愛すべき大切な人が沢山いる。

これを「しあわせ」以外なんと言えるのだろうか?


最後の一日も、

荷物を送ったり掃除をしたり・・

この日も慌ただしく過ごす。


パリを離れる私に、

「また会おうねコール」をしてくれる友達たちよ、どうもありがとう。


最後の晩餐をどうするか?

考えた挙句、

特別なようで特別でない食卓を囲む友人とわたし。

多忙にもかかわらず、

時間を割いてくれて本当にありがとう。


パリの生活に後ろ髪を引かれる私に、

「無事帰って来い」

と日本で待っていてくれる人たち。


この7年間、

100パーセントハッピーじゃなかったけど、

今振り返ってみると、

いつのどの場面を切り取っても、思い出はキラキラと輝いている。


憂いも悲しみも、

今に喜びを感じると、

すべて光って見えるんだ。

そんなことを初めて感じた2009年の春。


パリ(ときどきフランクフルト)で暮らした7年。

いやぁ~、本当に素晴らしい7年間だったよ。


ここで出会ったすべての人たちへ、

日本でいつも待っていてくれる人たちへ、

ブログを応援してくれる人たちへ、

バブーへフレへ、

みなさん本当にありがとうございます。


今は、感謝で胸がいっぱい!!


c0105669_1113541.jpg



追記

  今まで「しあわせはパリの黒い犬」を楽しみにして下さりありがとうございました。

  パリからの更新はこれでおしまいです。

  次回はいつになるか分かりませんが、

  引き続きブログは続ける予定ですので、

  どうか気長にお待ちくださいね。


ずっとずっと「しあわせはパリの黒い犬」を応援して頂きありがとうございました。
ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

(ブログランキングは今日の記事でおしまいです。いつも応援ありがとう~!!)
[PR]
by megumillier | 2009-03-08 11:20 | パリ生活

しあわせは晴れた日のサクラ色

c0105669_22272450.jpg



以前の同僚が働くチーズ屋へ行ってみよう!

そう思って出かけた。

メトロを出て、チーズ屋まで約5分。

あまり賑やかでない通りを歩く。

「暖かいな」

そう思っているときに目に飛び込んできたのはサクラ色。

引き寄せられるように、そこへ近づく。


小さな公園いっぱいに植えられたサクラ色の花。



パリを後にすることに、

ちょっぴり後ろ髪を引かれ始めた私に、

『桜の下でお花見楽しいよっ』

と背中を押された気がして、

日本へ帰ることへのワクワクした気持ちが蘇ったのだった。



今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-02-25 22:38 | パリ生活


c0105669_8572067.jpg


日が随分長くなった。

まだ冬時間で、朝晩はまだ寒い。

でも、ふとした時に春の香りがする。


夕方の帰り道、

空を見上げるとまだ明るくて、

ついつい回り道をして帰りたくなる。

淀んだ空気のメトロよりも、

ふらふらと歩いて帰りたくなる。

テラスで冷えたロゼを飲んでいる自分をイメージする。


そんな今の季節が大好きだ。



あ~、

でも今年の夏は・・・

数年ぶりに、

日本の夏を味わうんだった。


恐怖。


今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-02-21 09:00 | パリ生活

人気の料理教室へ行く


c0105669_23564297.jpg



以前にも行ったことがある「アトリエ・デ・シェフ」

またまた行ってみました。

そして、今回も素敵なシェフが教えてくれた♪


今度は、デパートの中に設置された小さいキッチン。

参加者は5名。

所要時間は30分。


こんな短い時間で作ったものは


c0105669_23582727.jpg


鶏胸肉のファルシ(胸肉の中にクリとエシャロットのみじん切りをつめて焼く)
じゃがいもとさつまいものピューレ


所要時間30分といえども、

試食の時間を合わせてちょうど1時間。


ひとり一皿!

作れるわけではなく、

作業はもちろん分担になる。



とってもお手軽!

しかも、美味しいー!!


c0105669_013158.jpg



デザート、ワイン、コーヒーはオプションで頂ける。


この30分のコースは特に人気で、いつもすぐに定員になってしまう。

仕事の休み時間に参加した男女の出会いの場にもなっている・・・らしいよ。



「どうぞよろしく@巴里」帰国売りの品追加しました。


いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-02-14 00:06 | パリ生活

日本へ帰っても増やしたいもの


c0105669_041413.jpg


(向かって、一番左が先生のアニー)



ドイツへ行く前と、ドイツから戻って来てから、

約2年半ほど続けた習い事、「陶芸」Atelier Terre de Lune


一向に上手くならなかったけど、

毎週土に向き合うのは楽しかった。


友達が始めてからは、

陶芸教室の後、

彼女の家へ一緒に帰って、

ごはんを食べるのが楽しみだった。



作った作品は、

小皿かから、ケーキ皿、スプーン、すり鉢、水さし、ティーポット・・・。


ほとんどの作品は、すでに日本への航路にある。


そして、この前、最後の作品が出来上がった。



c0105669_0452396.jpg



ろくろもあるけど、

私はずーっと「てびねり」派。


c0105669_0461748.jpg



形を作って、整えて、やすりで磨く。

色を付けずに焼いてから、


本格的に色をつける。


c0105669_0473742.jpg



これらは色見本。

他の生徒が作った作品からヒントを得たり、

ここから選んだり。

一番想像力が膨らむひととき。


c0105669_0485787.jpg




そして、最後にこの窯で焼いてもらう。

あとは、ドキドキしながら待つだけ。



窯を囲む温かい人たちよ、メルシー!!



帰国売りいたしますどうぞよろしく@巴里




今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-02-13 00:53 | パリ生活

ハルノカオリとビックリギョウテン

c0105669_665848.jpg


もう2月だなんて!!

時が過ぎるのって、なんて早いのだろう。


この頃、天気が良い日はフレを連れてロングコースの散歩へ。

フレは疲れたらキャリーに入り、耳をパタパタさせて街を眺めるのが好き。


昨日は、近くのモンスリー公園へ行った。

みどりの芝生がきらきら輝き、陽のひかりが温かく、

しばらくじーっと目を閉じて、太陽に向かっていた。


「さあ、帰ろう」

そう思ったら、あれ?

春の香り。



夕方、八百屋へ行った。

フェーヴ(ソラマメ)をひとつひとつ手にとって品定め。

そんな私に、八百屋のムッシュ

「外の皮が軟らかくても、中には大きなフェーヴが入ってるよ!」

あ、そうなのか・・。

見た眼で判断は駄目なんだ。

「あれ?もうフェーブの季節なの?」

と聞く私に、

「そうだよ、プランタン。もう春だからね!」

って。


そうか、もう春がどんどんと近くなっているんだね。


そんなほっこりした気分の私に、

今日の午後、

日本への荷物を手配してもらった会社から連絡が入った。


「あの・・(このあとなんとおっしゃったかは忘れた)・・
 
  megumillierさまの荷物を入れたコンテナがですねぇ

   コンテナ荒らしに遭いましてぇ・・・・・」


 げーーっ!!うっそぉーーーー!!


いろいろな商品が入ったコンテナだと思った泥棒は、

引っ越し荷物と分かったら、段ボールを開けただけで中のものは取らなかったらしい。

(たぶん・・・)

私の10個お願いした段ボール中、開けられたのは本が入った1箱のみ。

それも、おそらく何も手を付けられてはいないだろう、ということだ。


無事に日本での再会を、と願う。

私の荷物たちよ!!

ということで、荷物達は私とフレよりも先に日本へGO!!


今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-02-01 06:27 | パリ生活

また!


c0105669_6141492.jpg



1月29日木曜日 パリはまたストライキ!

何のためのストライキなのか?

学校なのか?交通機関なのか?

テレビがなく、ラジオも聞かず、新聞も読まない私は

「あさってまたグレーブ(スト)があるらしいよ」

と教えてもらうまで知らなかった。


前日の水曜日、メトロの駅で見つけた張り紙。

それは、ストライキに関してのお知らせ。

1 train sur 2

というのは、2本に1本の割合で電車が来ますよ、

ということ。


だから、この張り紙を見ると以前のような厄介なストじゃないことが分かる。

それにしても、今まではこんな「前もってのお知らせ」なんてなかったぞ。

どうしたんだ?

しかも、とてもきれいで丁寧に書かれてある。


これだけ頑張れるなら、ストをしないで、もうちょっと頑張ってみてよ!!


無理かな?フランス!!


今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-01-30 06:22 | パリ生活

引っ越しの秘訣!


c0105669_17443317.jpg



月曜日、引っ越しの梱包材が届き、

狭い部屋は、さらにスペースが少なくなり、

ちょっと窮屈そう。


さて、以前にも書いたと思うが、

私はこの8年間に、

大小合わせて、なんと9回の引越しをしている!

そして、今回が10回目!!


こうなると、引っ越しはお手のもの!!

と、胸を張りたいところだが、

いつまでたっても、何回しても引っ越しはストレスフル。


頭の中がぐるぐるぐるぐる・・・

「しなくてはならないこと」で占領される。


しかし、そんな私でも、

10回目の引越しとなると、

まず何からしなくてはならないか!

ということは分かっている。


それは、

「捨てる」ことだ。


とにかく、考えずに捨てる。(人に譲ったり、捨てたり、売ったり・・・)

「これ、もしかしたら必要になるかもね」

「あ、これって懐かしいわぁ」

「これ使わないけど、高かったしなあ~」

こんなことを思っていては先には進めない。

こういうときの「思考」は無用である。


それに、本当に必要な物って、そんなにあるものじゃない。

必要な物、必要なもの・・・・ってなんだろう??



船便集荷まであと2週間。

パッキングのことを考えただけで、

ギューーっと胃のあたりが締め付けられる感じがする。

(本当に嫌いだ、この作業!)

でもね、

日本で梱包を解く時の事を思い浮かべると、

新しい生活にも同じようにギューーっとね、

胸のあたりがワクワクしているのであります。



それにしても、このエアーパッキンの量って・・・。
(早速、隙間風をこれで防いだ私なり)


c0105669_1759168.jpg

( 段ボールのイラストがかわいいのだ )


今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-01-07 18:00 | パリ生活

遠慮は御無用

c0105669_18272987.jpg

          (やっと出来たよ、ティーポット♪)

長く続けていた陶芸教室も、あと2回でおしまい。

今頃気づいたのだが、私は陶芸のセンスがないらしい。


ということは、今日のテーマではないのだ!!


私が通う陶芸教室の生徒さん、そのほとんどは女性。

年齢様々、職業も様々。

最近は、お友達も一緒に通い始めたので、

彼女とおしゃべりに花を咲かせつつ、土に向かっているのだが、

以前は「黙々」と作業をしながら、

フランス人女性ウォッチングをしていた私である。


日本では、あまりこういう教室に通ったことがないので分からないのだが、

おそらく、日本人はあまり質問をしないのではないだろうか?


しかし、ここはフランス。

先生は質問攻め!!

みんな質問したい!!

でも、先生はひとり!!!

こんなとき、どうしますか?

たとえば、誰かが先生に質問をしている。

私も質問がある、っていうような時。

私の場合は、「今」質問をしている人が終わるまで待つ。

大抵の場合、こうだと思う。

でも、繰り返しますが、ここはフランス。

みんな、待ちません!!


話をしている、「先生と生徒」の間に割り込む・・

そして、いきなり質問を始める。


最初のころ、これをされると

「え??何こいつっ!!」

って思っていた私も、最近では笑ってしまう。


そして、負けない。


逆も然りで、誰かが先生をひとり占めにしている。

私は待ってられない・・・・

そして、

「ちょっとごめんなさいね、これって次どうするの?」

って割って入る。


こうやって、割り込まれてもみんな平気。

「何?こいつ!!」

なんて思わない。


「聞く」

一見単純なこと。

しかし、この中にも違いが表れる。


そう、そうなんだ。

これって「良し悪し」ではなく、

「日本とフランス(諸外国とした方がよいのかも)」の『差』があるだけ。


それを、私は何年も受け入れられなかった。

そして、それが『差』なんだなと気付いた時、

「この人たちって面白いーー」

と思えるようになった。

変な人にも会わなくなってきた。


だって、『それぞれの違い』ほど面白いものはないでしょ。


****お礼****

  みなさん、この拙いブログを応援して頂いて本当にありがとうございます。
  ブログランキングに「トロフィーマーク」が付いています!!
  私はとてもとても嬉しくてなりません。
  本当に、みなさんどうもありがとう!!


いつも本当にありがとうございます。ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-01-06 19:01 | パリ生活

雪の朝

c0105669_16284011.jpg



朝、フレと外へ出たときは、

「パラパラ」としか降っていなかった雪が、

あっという間に地面を白くした。

信用できない天気予報では、

今週、最高気温がマイナス3度の日があるとかないとか。


中央暖房ではないうちの家は、今年は暖房費がかさむなぁ・・。

なんて思うけど、この寒さには敵わないので朝からスイッチをオンにする。


でも、寒いと温かいものが身にしみて嬉しく感じるし、

暑い夏の一日よりも、こころ静かに過ごせるような気もする。


しかし、寒い。

この冬のパリ旅行計画中の皆様、帽子とカイロは必須です!!

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-01-05 16:41 | パリ生活