カテゴリ:美味しい( 61 )

地味な仲間のサラダ

c0105669_9352495.jpg



ひじき・切干大根・ごぼう・じゃこ

どの素材も

どちらかというと地味な仲間


先日の「乾物サラダ」のバリエーションです

ひじき・切干大根に

地味仲間のごぼう・じゃこを加えました

ごぼうは油で炒め

じゃこはから入り


ちょっとした香ばしさが好きです


どんなドレッシングも合いますよ
[PR]
by megumillier | 2010-02-22 09:38 | 美味しい

長いものに巻かれる

c0105669_120376.jpg


わたしが子どもの頃から変わらず好きなもの。

『あなご と うなぎ』

どちらも肌に良いのです。



*今日も覗きに来てくれてありがとうございます。
[PR]
by megumillier | 2010-01-24 12:01 | 美味しい

お正月の過ごし方

c0105669_13264032.jpg



なんだか年末はバタバタしており、

おまけに唇も腫れたので気合は入れなかったけど、

それでも、どうしても作りたくなったので「おせち」を作った。

数日前から、数の子、黒豆の下準備。

あとは31日に一気に仕上げ。

大変だったのは買いもの。

わたしは、この食材の買い物が好きじゃないので本当に困る。

だって、食料の買いだしって、かなり「脳みそ」動かすでしょう。

(ってそんなことが理由なのか?)


朝は財布を拾ってから初日の出を拝み。

年内にお礼のお参りはしていたけど、やはり初詣にも行き。

そして、おせちを食べてお酒を飲み、

年末に撮りだめしておいた「ガリレオ」をひたすら観るという今年の元旦。


わたしが子どもの頃って、

お正月には凧あげて、コマは回さなかったけど羽子板とかした。

ゴム飛びをするために、晴れ着を脱いで・・・。

そして、地面に絵を描いて「ケンケンパー」とかしていたな。


こういう光景、あまり見ないけど何をしているんだろう?子どもたち。


なんて、ガリレオを見ながら考えていました。


あ、ちなみに「おせち」は誰か来るから作ったんじゃないですよ。

これ全部、わたしのためです。

でも、既に1日で飽きてしまっているんですけどね038.gif
[PR]
by megumillier | 2010-01-02 13:42 | 美味しい

久々の料理 ちょこっとレシピもあるよ

c0105669_10435917.jpg


最近の晩御飯は、

水炊き、豆乳鍋、キムチ鍋・・・。

土鍋を買ったし、

お鍋は野菜も沢山取れるしヘルシー。


だから、友達が集まる!

ということで、ちょっとドキドキしたクリスマス。


この日のメニューは



にんじん・玉ねぎドレッシングがおいしいサラダ

(頂いた)メロンの生ハム巻き

野菜の味だけで美味しい野菜スープ

タラのトマトソースグラタン

ブロッコリーとアスパラのオリーブ蒸し

下味しっかり鶏のから揚げ



野菜を小さくカットするのに

ちょっと時間がかかりましたが


どれもあっという間に出来て

そして


かなり美味しいかったです


野菜スープは


白ネギの白い部分

にんじん

ブロッコリーの茎

サツマイモ


1センチ角くらいに形を揃えてカット

オリーブオイルで白ネギから

ゆっくりゆっくり

焦がさないように炒めます

焦げそうになったら

大匙1くらいのお湯を足す

時間をかけてゆっくりと

野菜を一種類ずつ入れて

ゆっくりと

塩は一番最後にします


こうして最後にお湯を足します



これだけでブイヨンなどは不要

野菜の味だけでとても美味しいです


是非どうぞ029.gif


*今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。
[PR]
by megumillier | 2009-12-27 10:56 | 美味しい

生きてる

c0105669_171941.jpg


6月ごろに始めた「ぬか漬け」が、い~香りになってきました。

乳酸発酵の優しい香り。

生きてるなぁぁぁ~って思います。

「あまりかきまぜない」

これをやはりポイントにしています。

c0105669_17203096.jpg


(たまごやきは もう日焼けしてませんね037.gif
[PR]
by megumillier | 2009-10-01 17:22 | 美味しい

トマトソース

c0105669_19343626.jpg



そういえば

日本に帰って来てから

パスタを食べなくなったなぁ・・・。


「洋食」

自体あまり食べなくなった。

ワインを飲まなくなった。

というのも関係性が深いかも。



そんな私がパスタを食べたくなった。

トマトとナスのパスタ。


トマトは「トマト缶」使用ですが、

これはバリエーションが幅広いので覚書として残しておきます。



オリーブオイルを鍋に入れたら、すぐににんにくのみじん切りを入れる。

そこへ玉ねぎのみじん切りも。(玉ねぎ半分くらい使用)


玉ねぎの色が変わるのを待つ。

透明になったら、トマトの水煮缶を入れる。


すぐに使うと水っぽいので、

そのまま煮詰めていきましょう。


トマトの味をみて、

酸っぱかったら砂糖を少々加えます。


あれば、ブーケガル二を入れましょう。


トマトピューレはありますか?

手に入るようなら、ちょっと入れてみましょう。

砂糖とのバランスを考えて入れてみましょう。


「塩 こしょうを忘れている」って?


ふふふ 忘れてなんていませんよ。



そのまま、落とし蓋をして煮詰めます。


味をみて、

味が濃くなってきたら蓋をはずします。

そして、

ここで「塩 こしょう」の出番です。


だいたいは これでオッケー。


あとは、素揚げ、、またはオリーブオイルでソテーしたナスを入れる。


ただし、トマトソースとして保存する場合はナスは入れません。


これで美味しくできるはずです。

ポイントは!!

味をみること。

野菜の水分を感じ取ること!!!


鍋の中は「生きています」。



それを感じられますか??

料理はそれが命です。




*今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
[PR]
by megumillier | 2009-09-15 19:47 | 美味しい

また覚書 彼とカレー編

先日テレビを見ていたら、

男の人が初めて彼女の家に行った時、

作ってほしいものは何?

というのをやっていた。(たぶん こんな感じのテーマ)



女性からすると、

「肉じゃが!!」

を作ったら喜んでくれるんじゃないかなー

らしいのだが、男性の第一位は

「カレーライス」

なのだそうである。


そんな番組を観たからという訳じゃないけど、今日はカレーを作った。


私がカレーを作った理由。

第一位は

「冷蔵庫の大掃除」

である。


使った材料

   玉ねぎ1個、白ネギ、さつまいも、りんご、

   鶏胸肉、ニンジン、なす、赤ワイン、カレールー。


あまり、大したものが入っていないことがよく分かる。

しかし、このカレーライスは絶品!!

自画自賛だけど、でも絶品だったのだから仕方がない。


ポイントは、

圧力鍋を使うこと!!

なんだけど、それは今までも同じことだし、これはちょっと自慢にはならない。


作り方


玉ねぎを千切りにして、にんにくとともに弱火で柔らかくなるまでいためる。

別のフライパンか鍋で、白ネギ(小口切り)を弱火で柔らかくなるまでいためる。



これで甘さ倍増!!



ニンジンは適当に切る。
サツマイモも適当に切る。
りんごはすりおろして入れる。


鶏肉は、一口サイズにカットして先にフライパンで焼いておく。(塩コショウ)

鶏肉を引き上げたら、同じフライパンに人参を入れる。

そして、さつまいもを加えて、

フライパンについた焦げをとるように

赤ワインを注ぎ入れてアルコールを飛ばす。


塩コショウは、鶏肉を焼く時以外しない。


これらを圧力鍋に移し、そこへ玉ねぎと白ねぎを加えて、

水と赤ワイン1対1くらいの割合で圧力鍋に注ぎいれる。


ここで、塩ひとつまみ、ブーケガル二(あれば)を入れ、

ピーと圧力がかかってから約15分弱火で。

その後、蓋が開けられる状態になるまで待って蓋をあけ、

カレールーを加えたら、ふたをせずに煮込む。



ポイントは、玉ねぎと白ねぎです。


冷蔵庫の大掃除が彼を喜ばせることにつながったら、

一石二鳥になりますね。


まあ、私はひとりで2杯食べたんですけどねっ、このカレー。


*また写真がないのですが・・・
 今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。
[PR]
by megumillier | 2009-07-07 00:09 | 美味しい

覚書

写真はありません。


キュウリ+スライスチーズ+マヨネーズ+わさび


スライスチーズにうすく、

マヨネーズとわさびを混ぜたものを塗り、

そしてきゅうりと重ねる。


たぶん、こういうのって、もうみなさんよくやってるかも・・・。

でも、私には新鮮だったので覚書として記しておきます。


ひとりディナー(ディナーというと豪華な感じね)だったけど、

これと赤・黄ピーマンのピクルスを添えるだけで、

華やかになりました。


ご一緒のアルコールは・・・

お安い赤ワインをちょっと冷やして。

「お安い」と「冷やす」がポイントです。

(別に 無理してお安くしなくてもいいけどさっ)


*ひとりの食卓は、はっきり言って手抜きです。
 でも、たまには一人でも豪華に。
 一人だからこそ豪華に!!(たまに・・・でよし!)
 今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。
[PR]
by megumillier | 2009-07-04 23:38 | 美味しい

手作りは美味しい♪

c0105669_2205456.jpg


先日、母の命日にお墓参りへ行った時、

はじめて村のコーヒーショップへ入ってみた。

名水100選に選ばれたコーヒーはさすがに美味!

と、ひとりじんわりしていたら、

「家で作ったシソジュースです」

と、きれいないろのジュースを出して下さった。

甘さ控えめ、ほんのりシソの味と、キュっとレモンの味。

帰りがけに、シソジュースのお礼を言ったら、作り方を教えてくれた。


この時期、スーパーには、

シソ・青梅・らっきょ・新生姜、

漬けこみ用の野菜たちが並んでいる。

期間限定の魅力的な彼らたち。

私も、梅酒を漬けた。

そして、教えて頂いたシソジュースも作ってみた。


作る楽しみ、頂く喜び。

そして、これらには「待つ」期待が含まれる。


すぐに出来ないことに、

美味しさの秘密が詰まっているんだね。


*天川村へ一度はどうぞ。
 今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。
[PR]
by megumillier | 2009-06-25 22:09 | 美味しい

いえっこ

c0105669_1137204.jpg



パリにいたとき、友達が言った。

「昨日は家っこしてたのーーー」

どういうことかというと、

一歩も外へ出ずにずーっと家の中にいた、ということらしい。

(本当にこういう言葉は使われているのでしょうか?)


私は、誰とも会わない日はあっても、

外へ出かけないという日が記憶にはない。

フレがやってきた2003年の9月以降は、

熱があっても、二日酔いで頭が割れるほど痛くても、

絶対に一日に数回の散歩で戸外に出ていたので。


だから、昨日の日曜日は本当に・・・きっと10年ぶりくらいの「家っこ」。

ずっと本を読んだり、DVDを観ながら昼寝をしてみたり。


お昼にお腹が空いたので、前日に作った「サムゲタン」を食べた。

夜も、まだそれが残っていたので雑炊風にして食べた。

サムゲタンは韓国の薬膳スープ。

鶏肉と薬膳につかう材料を入れて煮込む。

私も、漢方薬のお店で買っていた「高麗人参・クコ・ナツメ」を入れて煮込んだ。

それに、生姜とニンニクも加えて。

まさに滋養強壮。


完全にリセットされた一日。

なにもしないことの喜びよ!!
[PR]
by megumillier | 2009-05-25 11:50 | 美味しい