カテゴリ:フレじい( 126 )

あれから1年です



c0105669_1593277.jpg

フレが旅立ってから1年経ちました。


それから今までも

ブログにお越しいただきありがとうございます


この1年は本当に紆余曲折

激しい一年となりました



しかし

わたしは元気です


平均的に元気なわたしは

何を基準に「元気」と言っているのか?

それさえも不確かなのですが


そう思うことが既に

元気な証拠なのですね



いつも拙いブログにお越しいただき本当にありがとうございます。


フレのことなどについては

もう一つのブログに思いを書いています。

よかったらどうぞご覧くださいね



夜の空にも虹はかかる
[PR]
by megumillier | 2010-03-11 01:58 | フレじい

2分56秒

お気に入りブログの「dansons ensemble」さんのある日の記事で見つけた。


フレがいましたー。

って、

もちろん本物じゃないんだけどね。

ここの2分56秒を見てね。

フレそっくりの黒プードルくんがいます。

キュンとなります。




しかし、知世はいつまでも若いなー。

私と同い年なのだけど。


*今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


こっちも見てねー
[PR]
by megumillier | 2009-10-07 20:33 | フレじい

かいだん

c0105669_18573116.jpg



夏のニッポン。

ボーっとしながらテレビをつけたり・・・

のん気にラジオを聞いていてはいけません。

なぜなら、

「怖い話」が急に出てくるから!!


こういう話し、私は本当に苦手。

怖い怖い本当に怖い。

夜中に目覚めたときとか、

お風呂で髪の毛を洗っているときとか、

突然、お昼に聞いた「怖い話」が脳裏をよぎるのです。


かといって、私は幽霊の類を見たことはない。

不思議な体験はあるけど、

ぬーーっと壁から人が出てきたり、

消したテレビから子どもの泣き声がしたり、

そんなことは全くなし。


不思議な体験と言えば、

フレが亡くなってからしばらくは、

すれ違う犬が突然私の方を見て吠えたり、

前から来た犬が、

私の方を向いて地面に伏せ、

私が通り過ぎてもじーーっと私の方を向いていた。

こういうことが度重なっておりました。


見える人には、

亡くなった人が見えたりもするらしい。

両親にもフレにも会いたいけど・・・・。

でも、

怖いから、

会いたいけど、

出てこなくていいです。


怖い話が好きな方へ、こんなのはどうでしょう?

日刊イトイ新聞

*今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


*****


焦り、怒り、イライラ、うつ、悲しみ・・・。
いろんな感情があるけど、それはどんなふうに
カラダに影響するの?
それを解説する『感情辞書』なるものを書いてる人がいます。
おのころ心平さんというココロとカラダのカウンセラーで、
15年、1万8千件もの臨床をもつ、ココロとカラダのスペシャリスト。
連載している『感情辞書』は、ウィークデーで毎日更新。
一度、のぞいてみて下さいねー。
 【おのころ心平の『感情辞書』!】

「こわい」という感情辞典はここから


                            *****


 
[PR]
by megumillier | 2009-08-14 19:22 | フレじい

フレじい名水百選の中で泳ぐ

墓参りへ行った。

今回は、骨になったフレじいも一緒。

動物霊苑に納骨しようと思っていたが、

結局機会を逃してしまった。


そしていろいろ考えた末、

フレは私の両親が眠る天川村へ連れていくことにしたのだ。



フレを一度は天川村のあの美味しい空気を吸わせたいと思っていたし、

名水百選にも選ばれた美味しい水を飲ませたやりたいとも思っていた。


だから、フレの骨は天川村の川へ散骨しようと決めた。


天然の鮎やあまごが生息し、

下流に蛍を観察できるスポットがあるという美しい川は、

台風のあとでもきれいな深い緑色をしていた。


川岸まで近寄り、フレの骨壷をそっと開ける。

ほんのり桜色のフレの骨。

ひとつずつ手にとって川に流した。

ちょっと泣いたけど、

寂しい気持ちよりもやはり強いのは感謝の気持ち。


川の流れにのって、

フレは、

サラサラと天ノ川の方へ向って泳いで行った。


*今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。
[PR]
by megumillier | 2009-08-12 22:50 | フレじい

フレじい 最後に美女と出会った!!!

ひさびさのフレじいの姿が登場です。

死んでもかわいいフレじい。

パリを発つ前に、素敵な人と会いました。


c0105669_22115076.jpg



そう、ともだちのブログに登場する「プチ天使ちゃん」♪

でも、お互い全く興味なし!!


c0105669_22151948.jpg


プチ天使ちゃんがフレに言った一言は、次のうちどれ?


1.かわいい
2.黒い
3.ちょっと大きい


c0105669_22162243.jpg



正解は 3番の「ちょっと大きい」でした。


このあとのプチ天使ちゃんの姿はここから見れます。


さて、私の新居にもインターネット開通!
これで携帯からのブログ更新はおしまい??


今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。
[PR]
by megumillier | 2009-05-20 22:19 | フレじい

フレじい あっちへこっちへの旅なのだ

みなさん、お久しぶりです。

2009年3月9日 フレと私は無事日本に戻って参りました。

きれいなパリの日々が想い出に変わって行く寂しさは、

空の上でいつの間にか幸福に変わっていました。

心配していたフレを連れての長旅は、

航空会社に勤める友人と、その仲間の配慮で非常に快適なものでした。


フレは、パリを発つ前に飲んだ安定剤がよくきいてグッスリ。

でも、日本に着いた午後からは食欲も戻り、

一気に階段を駆け上がって、私をハラハラさせる。。。という場面もありました。


そんなフレじいですが、

夜中の発作により、あっという間にまた別の空へと旅立ってしまったのでした。

今度の旅には、私の席はありません。

3月11日午前2時45分のことです。


悲しみ、寂しさもちろんあります。

知らぬ間に フレに話しかけてしまう。

フレの散歩の時間とごはんの時間を気にしてしまう自分に切なさもある。

でもね、フレはよく生きた。

飼い主がコロコロ変わっても、居場所が変わっても、病気になってもよく生き抜いた。

フレは私を立派に日本に連れて帰って来たしね。

ただ、フレの15年半にこころから栄誉を称え、限りない拍手を送りたい。


フレはいつもいつまでも、しあわせな私の黒い犬。


みなさん、フレに沢山の愛情を送って下さりどうもありがとうございました。

天国のフレとともに、こころからお礼申し上げます。



追記  まだインターネットの環境が整っていないため、不定期の更新になります。
[PR]
by megumillier | 2009-03-11 20:52 | フレじい

居候中

c0105669_1061545.jpg


フレじい、天敵Bくん宅に居候中です♪

c0105669_1065732.jpg
c0105669_1071029.jpg
c0105669_1072742.jpg
c0105669_107425.jpg



飼い主の私も一緒です。

でも、

それもあと2日!!

思い出作りはしあわせづくり。

楽しんでますっ!


今日も「しあわせはパリの黒い犬」にお越しいただきありがとうございます。
ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-03-06 10:09 | フレじい

フレじい アパートに別れを告げる

c0105669_17324022.jpg


やはり、予想していた通りになっている。

引っ越し前は、本当に時間がない!!

まだまだある荷物の荷造り、

1月末に送った船便の梱包よりも、さらにペースは落ちている。

とうことで、なかなか更新出来ませんでした。



さて、この写真中。

ちょっと変化があるのに気づいて頂けただろうか?

そう!!

フレのバンダナが

「F」から

「ふ」に変わっているのだ!!


作ってくれたのは、もちろん「たかちゃん」。
文字がひらがなになるだけで、イメージが変わる。

これを付けて寝ているフレを見ると、

縁側で船を漕いでいる老人を思い浮かべてしまうのだ。


そんなフレじい、

今日で4年間住んだこのアパートを離れます。

(私はまだまだ片付けがあるので戻ってくるけど・・)


飛んだり跳ねたり、

病気になってうずくまったり、

私に怒られてションボリしたり、

ベッドに上って遠吠えしてみたり。


フレの喜怒哀楽も、よーく知っているこのアパート。


家にも「こころ」があるような気がして、

旅行などで留守をするときには

「留守番お願いしますね」

という気持ちをこめて、出かける前にはきれいに掃除をする。

一日の終わりには、

「今日もありがとねー」

と台所に声をかけて、台所のドアを閉める。


この4年、

本当に本当にお世話になった。


だから、最後はピカピカにしてあげるよー!!


今日も「しあわせはパリの黒い犬」にお越しいただきありがとうございます。ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-03-04 17:42 | フレじい

しあわせはフレを獣医へ連れて行くこと

帰国1週間前となった。

こころは焦り気味。

でも、行動は相変わらずスローペース。



昨日はフレを出国前の身体検査のため、

最近お世話になり始めた獣医さんへ連れて行った。

パリでは3軒目にになるドクターM。

評判通りカッコいい~!!


彼は白衣を着ず、いつも紺色のカーディガンを着ている。

そこがまた、素敵に感じられてしまう。


噂によると、ドクターMはイギリス人。

だから、以前の世話になっていた獣医さんのように

「これ どういう意味?」

なんて聞きません。


「これでたぶん大丈夫だから、検疫所へ行ってスタンプをもらってきてください!」


このままでいけば、

この素敵なドクターMとも、もうお会いすることはない。


最後に素敵なドキドキを、どうもありがとうございました♪


c0105669_2047941.jpg



待合室で。
一刻も早く逃げ出したいフレ。



来週は、ここで記入して頂いた書類を持って「検疫所」へ行くのだ。



今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-02-28 20:42 | フレじい

フレじい ついに!!


フレ15歳。

今まで、キャリーに入るという経験がほとんどなかった。

だから、日本へ帰国することを決めたとき、

それが悩みの種だった。

十数時間の空の旅。

電車とは違って、キャリーに入らないと連れて帰れない。



しかし、この数か月で、

フレはキャリーに慣れ、

キャリーに入って散歩することは平気になった。

が、しかし・・・

この中で「寝る」ことは無理。

無理無理難しい・・・


と、思っていたのだ。



数日前、フレを連れて友達の家へ行った。

キャリーをそばに置いて、人間達は外出した。

数時間後、帰ってみるとフレの姿がないっ!

フレは、

なんと!!!

キャリーの中で、くるんと丸まって、

そして寝ていた!!!


初めて見る、フレじいのそんな姿。



飼い主はそれでも、

ちょっと心配だけど、

案ずるより産むがやすし

その時まで、あと僅かなり。


c0105669_7571494.jpg


(写真を撮ろうとしたら、起きてしまった)

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。ブログランキングへ
c0105669_21425563.gif

[PR]
by megumillier | 2009-02-19 08:02 | フレじい