フレ@ほうれん草クッキーのレシピ

c0105669_6192046.jpg

みなさん、フレの誕生日への、コメント欄やメールでのメッセージ、
どうもありがとうございます。
フレも「みんな!どうもありがとう!嬉しいよ!」、という表情をして見つめております。

さて、14回目の誕生日に何を贈ろう?と思い、行きついたのは、やはり「食べ物」。
私が、「F」バンダナに対抗して「14」バンダナを作ったとて、フレにとっては感動的ではないし。
誕生日に「エッフェル塔」へ案内しても、フレにとっては「長距離散歩」にしかなるまい。

そして、この「ほうれん草クッキー」をプレゼント♪
参考にしたのはこちらのサイト。

このサイトによると、犬はビタミンC を体内でつくれるので、わざわざ人間のように、外から摂る必要がないとか。その代わり、カルシウムやリンは人の20倍、タンパク質は人の4倍必要らしい。

私が作ったのは、上のサイトのレシピを少しアレンジして・・・





c0105669_6335055.jpg

材料 全粒粉 50グラム
    キノア粉 50グラム(または小麦粉)
    ベーキングパウダー 小さじ4分の1
    豆乳  大さじ2
    スキムミルク  大さじ2
    リコッタチーズ (カッテージチーズなど) 大さじ2
    オリーブオイル 大さじ1
    卵半個
    ホウレンソウパウダー 大さじ1,5 
    (本来は パセリのみじん切り)

作り方
  オーブンは170度。

  粉類は混ぜて振っておく。豆乳とチーズをよく混ぜ合わせ、オリーブオイルを加える。ホウレンソウパウダーは、粉類と混ぜてもよいが、この後加えた方が、色がきれいに混ざります。
  液体の中に、卵を加えて泡だて器で混ぜ、←この中に、粉類を振り入れてザックリ混ぜる。手で、タルトの生地を作るように、全体を「わしづかみ」する感じで混ぜるとひと塊りになります。
(ここで、あまり捏ねるとグルテンが出て美味しくないので、注意しましょう!!)
c0105669_774511.jpg

  ここでしばらく冷蔵庫に入れ、生地を休ませる。生地が適度に固くなったら、冷蔵庫から取り出し、薄く伸ばしたり、紐状に丸めて愛犬の名前を綴ったり・・・。好きな形に成形する。
  また、冷蔵庫へ入れて、生地をしっかり冷やすこと。そうでないと、折角成形したのに、生地が縮んでしまいます。
  
  冷蔵庫から出したら、オーブンへ。10分から15分、クッキーの大きさに合わせて、時間を調整。フレは、老犬なのでクッキーはやや柔らかめに作りました。固めのクッキーは、150~160度で、30分程度焼いて下さい。

  このクッキー、フレはかなり気に入ってくれたようで、冷凍した残りの生地を解凍し、今日もおいしく食べていました!!!よかった、よかった。

  砂糖不使用なので、甘くはないですが、上に何かトッピングしたら、人間用としてもOKかも。味は、ほうれん草なのに、なぜか「よもぎ」の味がしました。でも、フト思い出したのですが、この「ほうれん草パウダー」って、「犬用」だったんです・・・。

 「キノア」(キヌア)については、また後日ご紹介します♪

ブログランキングに参加中、今日もクリックありがとう。にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by megumillier | 2007-08-19 07:17 | 犬用手作りフード
<< 卵焼きフィロソフィー フレじいさん、まだまだ元気な14歳♪ >>